静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」

静岡県文化財団は静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」の指定管理者です。

静岡県文化情報総合サイト しずおかの文化情報

静岡県内の文化活動に関する様々な情報をお伝えします。

ホーム > 静岡県文化財団について > 静岡県文化財団とは

指定管理者制度について

公益財団法人静岡県文化財団は、昭和59年5月22日に静岡県及び県内の市町村、県民の皆様から出捐により、財団法人として発足し、その後、平成25年4月1日に公益財団法人として再出発しました。

当財団は、発足以来、個性豊かな県民文化の振興を図り、もって県民生活の向上と活力あふれる郷土づくりに寄与することを目的として、各種の文化及び芸術の振興を図る事業に取組んでまいりました。

また、平成10年度からは、学術、文化及び芸術の振興と国内外の交流を図る静岡県コンベンションアーツセンター グランシップの管理・運営を県から受託し、平成18年度からは、グランシップ指定管理者として、「グランシップ貸館事業」、「グランシップ自主事業」、「施設の管理運営事業」等を実施しております。

ところで、静岡県は、文化振興の基本方針・目標とし、「みる」、「つくる」、「ささえる」人を育て、感性豊かな地域社会の形成をめざし、いつでも、どこでも多彩で魅力的な文化の花が咲き、国内外から憧れられる地域「ふじのくに芸術回廊」の実現を掲げています(「ふじのくに文化振興基本計画(静岡県文化振興基本計画)」。

これを踏まえ、当財団は、これからも県と一体となって、県内文化活動への支援を強化し、文化団体のネットワークづくりの中心的機関を目指すとともに、グランシップの適正な運営に努めていきます。